手術室から
当院は、外科手術が多く、年間約500症例の手術を行っています。昼の手術は予約制で、主に避妊手術や去勢手術を行い、夜はその他の整形外科や、緊急を要する腫瘍手術などをほぼ毎日行っています。特に骨折などの整形外科手術及び腫瘍外科には力を入れています。

※手術室はクリーンパーテーションというフィルターを装備し準無菌室となっております。常に清潔な状態を保つことにより、長時間の手術にも適応できるようになりました。
※手術台2台を備えており、同時に手術が行え多くの手術に対応できます。

 
 
入院の説明、問診があります。
手術の方は麻酔についての承諾書をいただきます。
 
入院の説明書
入院についての説明、注意事項などが書いてあります。連絡先の確認もさせていただきます。
動物を入院させたい飼い主の方へ資料
問診表
現在の状態を伺い、手術その他の確認事項をチェックしていきます。
問診表資料
麻酔・手術承諾書
ご理解の上で麻酔をかけさせていただくために、麻酔についての説明があり、承諾書をいただいております。
麻酔・手術承諾書資料
 
血液(炎症・生化学・凝固・ウィルスなど)、レントゲン、超音波検査で全身状態を検査していきます。
手術内容により麻酔薬を使い分けています。
麻酔薬表
麻酔薬、抗生剤の種類、計算などの間違いがないように、重複した確認を行っています。

麻酔薬表資料

 
麻酔管理を徹底する為に数分おきにチェックしていきます。
飼い主様に理解して頂くために、術中の写真を撮り説明させて頂きます。
手術チェック表
手術チェック表
手術中は横についてモニター、動物をチェックして徹底した麻酔管理をしています。
※施設の構造上および衛生的な観点から手術の立会いはご遠慮いただいております。ご希望の方には、手術終了後お電話にてご連絡をさし上げております。
 
麻酔から安全に覚醒しているかどうかを複数体制で監視しています。
手術の内容によりエリザベスカラー・腹帯を使用したり、患部を冷却します。
麻酔後のペット写真
 
椎間板ヘルニア、骨折、脱臼、靭帯断裂などの整形外科の症例は、毎日患部を冷却し疼痛管理をします。手術の翌日、または数日後からリハビリを開始し、早期の機能回復に努めています。
 
退院時には、入院中の記録・写真などをお見せしながら説明させて頂きます。
 
 
予約 術前検査(ご希望の方) 手術(翌日お返し) 中間検査 抜糸
 

@避妊・虚勢手術は完全予約制となっております。
A手術が2週間から1ヶ月ほど、予約が詰まっていることがありますので
、余裕をもってご予約下さい。
B避妊・去勢手術に関しても他の手術同様、複数体制で麻酔・術後の管理を行っています。
C時間、注意事項、犬避妊の補助金についてなど、詳しくはご予約の時にお知らせいたします。

 
 

Copyright(C) 古川動物病院 All Rights Reserved.